和本の角布を貼る

 洋本の角には装飾として「花布(はなぎれ)」を貼りますが、和本の角には「角布(かどぎれ)」を貼ります。
 柔らかな厚みに貼るので貼りにくいですから、最初にその厚みに糊だけをつけて乾くまでおきます。こうすると少し固まるので、貼りやすくなるのです。
 そして、まず長い辺のほうを先に乗せ、左右を倒して貼ります。
e0137641_2333290.jpg

 短い辺のほうを倒して貼り、角からきっちりと45度になるように折り曲げます。
e0137641_23332054.jpg

e0137641_23501269.jpg

 残りの部分を本に貼りたいのですが、折り曲げた紙同士の部分(黄色い丸印のところ)には糊がつかないので、ここに少し糊を乗せます。
e0137641_23335133.jpg
 
 倒して貼ればできあがりです。
 緩みがないように貼れるといいですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜・・ご・・案・・内・・〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*豆本関連記事満載!「田中栞日記」も見てね
http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111

*ワークショップ「1日教室/製本フルコース」開催します

2008年5月17日(土)朝〜晩、製本三昧!
http://blogs.yahoo.co.jp/azusa12111/34777498.html

*通信講座「消しゴム版画で蔵書票」朝日カルチャーセンター
http://www.asahiculture-tsushin.com/koza/#G7
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by azusa12111 | 2008-04-08 23:39 | 豆本づくり


<< 福岡でワークショップ&蔵書票展 折本の裏技 >>